1. 総合資格naviトップ
  2. 結屋 株式会社

結屋 株式会社

人と人との縁を通じ、新しい繋がりを紡ぐ

Contents

会社概要

商号
結屋 株式会社
創立
2014年4月1日
資本金
1,000万円
本社所在地
〒501-3928
岐阜県関市西田原887-1
代表電話番号
0575-23-9500
ホームページ
http://www.musubiya.co.jp
従業員数
16名 (令和元年6月時点)
技術系社員の割合
81% (令和元年6月時点)
女性社員の割合
18% (令和元年6月時点)
新卒入社組の割合
13% (令和元年6月時点)
事業内容
木構造建方工事

新卒募集要項

募集職種
大工鳶
対象学科
不問
給与
初任給:一例として)大卒230,000円
応募方法
自由応募(会社HP、電話問合せ等)
採用担当(所属・氏名)
統括マネージャー 西部
連絡先(TEL)
0575-23-9500
連絡先(E-MAIL)
info@musubiya.co.jp
採用ホームページ
http://www.musubiya.co.jp
インターンシップ

採用担当者インタビュー

企業概要

貴社の業務内容について教えてください。
主に東海地方での木構造の建方工事を中心に手掛けており、一般木造住宅から中大規模非住宅まで幅広く対応しています。自社にて揚重部を設置しており、建方工事業務と連携してクレーン業務も行っています。

特長や強み

貴社の特長や強みを教えてください。
木構造の建方工事(組立工事)の施工品質・安全品質NO.1
自社建方工事の連携クレーン作業 業界NO.1
会社のビジョンや今後の目標について教えてください。
現在会社として最も力を注いでいるのが木構造工事です。
従来の木造建築に加え、近代的であったり、大型であったり、特殊なデザインであったりと多種多様な木造建築物のスタイルがありますが、その根底にはいつも、木の「ぬくもり」や「存在感」を求める人々の想いがあります。そんな“木構造”をわたしたちが“極める”。これをテーマとして掲げ、一般の木造住宅だけでなく、この分野においてのスペシャリストとして、この先、鉄骨やコンクリートにも引けをとらないような価値ある木造建築物を数多く手掛けてゆくことに対してとてもワクワクしています。木構造において業界NO.1を目標としています。

新卒採用について

貴社の募集職種やその仕事内容を教えてください。
建築部:大工鳶。建方工事がメインとなります(いずれはスケジューリングやマネージメント等、総合的な業務を担う人材を育成することを目標としています)。
揚重部:クレーン運転士。建方工事におけるクレーンの操縦を行います。要普通自動車免許。クレーン運転の資格は入社後に会社負担で取得可能です。
貴社が求める人材について教えてください。
自分の夢がある人。家族・仲間の夢を応援することができる人。
また、素直である、ポジティブである、勉強家である等、あなたが長所だと思うことを教えてください。「運がいい」「恵まれていると思う」そんな長所大歓迎です。
やってみたいことは、なんでも会社に相談してください。多様なスタイルに挑戦し、変化し、成長してゆくため、会社と社員の双方からいい影響を与えあえるような関係を築きましょう。
採用までの流れ(面接回数等)、スケジュール(説明会~内定の期間等)を教えてください。
本社、または名古屋営業所にて面接。ご希望であれば事前に現場の見学が可能です。

内定後・入社後の動きについて

入社後の1年間のスケジュール、研修制度について教えてください。
研修期間3ヶ月程度。以降講習や資格の取得を随時行い、6ヶ月以降は能力に応じて基礎以外の業務を段階的に習得。
取得を推奨している資格、資格取得についての方針、支援制度を教えてください。
建築部:管理技術者(建築施工管理)、とび技能士等
揚重部:移動式クレーン、大型特殊等

上記の資格に加え特別教育も含め、資格取得費用は全て会社負担です。

採用選考について

選考
面接回数:1回
技術系専門筆記試験
即日設計
ポートフォリオの提出
合否連絡方法
書面通知

勤務形態・福利厚生

基本休日
土日祝(第1土曜は出勤)
年間休日数
106日
有給休暇取得実績
20日/年
海外勤務
社宅制度
寮費
20,000円/月
入寮期間制限

資格者について

資格名 人数 資格手当支給 合格祝い金
監理技術者 1 名
2級建築士 2 名
1級建築施工管理技士 1 名
1級土木施工管理技士 1 名
宅地建物取引士 1 名
インテリアコーディネーター 1 名

新卒採用状況

新卒採用実績 総数 修士 大卒 短大・専門卒 高卒
理系 文系 理系 文系 理系 文系 理系 文系 理系 文系 理系 文系
2017年採用実績
2018年採用実績 1 1
2019年採用実績 2 2
新卒採用予定 総数 修士 大卒 短大・専門卒 高卒
理系 文系 理系 文系 理系 文系 理系 文系
2020年採用予定 3
2021年採用予定 3